Posted by under 春ドラマ on 5月 29 2015, 0 comments

今夜は2015年の春ドラマ「天使と悪魔―未解決事件匿名交渉課―」第八話が放送されますよ!

「警視庁未解決事件匿名交渉課」の警察官・蒔田ヒカリ(剛力彩芽)と弁護士・茶島龍之介(渡部篤郎)のもとへ、「最高検察庁」の特任検事長・神楽坂遼一(宇崎竜童)が20年前に起きた未解決事件の再捜査を極秘依頼してきた。本来は捜査一課が再捜査する予定だったが、遺族が拒否したというのだ。その事件とは、塾を経営する夫婦が殺害され、一人娘である8歳の少女・成海由佳(根岸姫奈)が誘拐された事件。由佳は自力で脱出したが、その身体には暴力による痛々しい傷跡が多数残されていた…。当時、捜査一課は由佳に何度も事情聴取。犯人の男を割り出そうとしたが、有力情報は得られないまま、現在に至っていたのだ。

ヒカリと茶島はさっそく、今では28歳になって絵本専門店を営んでいる由佳(小林涼子)のもとへ。だが、事件のせいで長年苦しんできた由佳は、そっとしておいてほしいと言う。そんな彼女を守ろうとする恋人・平林茂典(窪塚俊介)もまた、もう彼女には近づかないよう懇願。由佳を苦しめるような事態が起これば、相手が誰であろうと戦う、と強硬な構えまで見せる。そこで、ヒカリと茶島は新たな情報を求め、由佳が事件後に預けられた児童養護施設へ。由佳に絵を教えていたという画家・風見恒夫(山本圭)と遭遇するが、彼からもやんわりと再捜査の中止を要請されてしまう…。

そんな中、平林が何気なく発した言葉の矛盾、そして児童養護施設でふと目にした光景に引っかかっていた茶島は、平林の経歴について調査。そこから浮かび上がった“ある事実”から、真相究明のカギは“事件後”にあるかもしれないとにらむ。やがて、捜査資料を洗い直したヒカリと茶島は、事件発生直後に重要参考人としてマークされていた人物のもとを訪問。そこで聞かされたのは、これまで決して表に出ることのなかった驚愕の事実だった…!

国内ドラマ【無料動画】ドラマニア

Tags:

0 Comments

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.