Posted by under 秋ドラマ on 11月 7 2015, 0 comments

今夜は2015年の秋ドラマ「掟上今日子の備忘録 」第五話が放送されますよ!

厄介(岡田将生)は編集者の重信(神保悟志)から、今日子(新垣結衣)と共に、人気推理作家・須永昼兵衛が開催する“須永フェスタ”に参加しないかと持ちかけられる。
須永フェスタとは、須永が書きあげた新作原稿を自らの手でどこかに隠し、ヒントを元に編集者たちが探し出すというイベント。次の日曜日に軽井沢の須永の別荘で開かれるという。今日子は須永の大ファンで、絶対に参加すると大喜び。
須永フェスタ当日、待ち合わせ場所に来た今日子は、“人生最良の日”とテンションが高い。厄介は、須永邸に到着するまでの間、二人きりの時間を過ごせると胸をときめかせるが、二人の前に止まったバスは塗(有岡大貴)が運転し、法郎(及川光博)とまくる(内田理央)が乗っていた。今日子たちの軽井沢行きをうらやましく思った“サンドグラス”のメンバーも、今日はみんなで休みを取り軽井沢にバス旅行へ行くのだという。今日子と厄介もそのバスに乗って、軽井沢まで行くことに。
今日子たちは、須永の別荘に到着。厄介は重信から、須永の急死を知らされる。今度は正式な仕事として須永の原稿探しを依頼されるが、厄介は、須永が亡くなったことを今日子に知らせず、須永フェスタだと思わせたまま原稿を探すことに。厄介は、今日子にとって“人生最良の日”の喜びを壊したくないと思ったからだった。須永ファンの遠浅刑事(工藤俊作)もフェスタの噂を聞きつけやってくる。今日子と遠浅は我先にと争うように原稿を探し、須永の私生活を垣間見ようとする。
何も知らず、原稿探しを楽しむ今日子。そこに須永の死を聞きつけた様々な客がやってくる。
厄介は、今日子が原稿を見つけるまで須永の死を隠し通し、今日子の“最良の日”を守ることができるのか?

国内ドラマ【無料動画】ドラマニア

Tags:

0 Comments

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.