Posted by under 夏ドラマ on 8月 9 2014, 0 comments

今夜は2014年の夏ドラマ「金田一少年の事件簿N(neo)」第四話が放送されます

鬼火島殺人事件―――完結編!
はじめの目の前で起きた第3の殺人
“死体消失トリック”の真相が明らかになったとき、
あまりにも意外な真犯人がそこにいた!

はじめ(山田涼介)、美雪(川口春奈)、佐木(有岡大貴)が訪れた不知火島(別名・鬼火島)で起こった連続殺人事件。殺されたのは、不知火島で合宿をしていた不動総合病院の研修医・森村(前野朋哉)と椎名(増田貴久)。度重なる殺人事件に、一人でいるのが怖いと怯える美雪とはじめはイイ感じに・・・

一方、椎名が姿を消した時間にアリバイのない新谷(森口瑤子)への疑いが深まる中、次は自分が狙われるのではないかと恐れていた加藤(千葉雄大)は、はじめに研修医仲間の一人である海老沢(間宮祥太朗)について語り始める。

海老沢は、研修医仲間の中でいじめを受けていた。いじめを主導したのは病院の理事長の息子である森村だった。森村は、自らは手を下さず、海老沢と親友だった椎名に命じていじめさせるなど、陰湿なやり方で海老沢を追い詰めた。その結果、海老沢は自殺を図り、今も意識不明の状態だった。

加藤と話していたはじめは急激な睡魔に襲われ、深い眠りに落ちてしまう。そして、はじめが目を覚ました時、第3の殺人が起こっていた…。
合宿参加者のうちの誰かが鬼火島の伝説を利用して連続殺人を行ったと考えるはじめは、驚愕の殺人トリックに気づく。この連続殺人の犯人は、あまりにも意外な人物だった……!

国内ドラマ【無料動画】ドラマニア

Tags:

0 Comments

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment