Posted by under 秋ドラマ on 12月 25 2015, 0 comments

2015年の秋ドラマ「アンダーウェア
11月13日よりフジテレビで金曜21時から放送

大学時代に繊維の研究をしていた“繊維オタク”の時田繭子(桐谷美玲)。繊維メーカーに就職を希望するも、ひょんなことから、銀座にあるオーダーメードの高級下着メーカー“emotion”で働くことに!そこでは、創業25年にして日本のランジェリー業界を引っ張るアイコン的存在のemotion社長・南上マユミのもと、一流ブランドをしょって立つスタッフたちがそれぞれの仕事にプライドを持って働いていた。田舎から出てきた繭子は、自分の人生で接したことのない価値観に戸惑いながらも、次第にこの仕事に魅せられ、周りに助けられながら成長していく――

第1話
地方大学を卒業した時田繭子(桐谷美玲)は、銀座にある有名下着メーカー・エモーションに入社する。そこには繭子が知らない高級ファッションブランドの世界が広がっていた。トランクショーと呼ばれる店内で行われる新作下着のショーを見た繭子は、この業界に引かれていく。下着について何も知らない繭子は、接客を通し仕事の難しさと喜びを知っていくのだった。

第2話
エモーションは、小さな会社ながら仕立ての良さで評判の高級ブランドのイメージを確立していた。そこに大きなデパートが提携の話を持ってくる。社長の南上(大地真央)は、エモーションのセカンド・レーベル「EM byEmotion」を立ち上げることを決める。しかし、大きなビジネスをするには様々なハードルがあることを知らない南上と社員は大きな波に巻き込まれていく。

第3話
エモーションは、今まで行ってきた店内で行う新作発表会をやめ、大きなファッションショーを開催することになる。大規模なショーの準備は予想できないハプニングばかり。そんな中、強力な助っ人が現れる。

第4話 最終回
銀座にあるオーダーメードの高級下着メーカー・Emotionは、時田繭子(桐谷美玲)を中心に初めて大規模なファッションショーを計画、多くのトラブルに見舞われながらも大成功を収めた。ショーが成功したこともあり、社長の南上マユミ(大地真央)は、社員全員に1月一杯まで休暇を与えることにする。
ランジェリーの知識も少なかった繭子は、入社以来、脇目も振らず仕事にまい進してきたため初めての長期休暇。その時間を利用して、自分が作りたいランジェリーを研究することに。そんなある日、繭子が会社で調べ物をしていると入口から店内をのぞき込んでいる怪しい人影を目にする…。一方の南上は、会社を立ち上げた頃の人々と会い、自らの人生を振り返っていた。
長期休暇が明けると、南上は次回のランジェリーショーのテーマを“エレガンス”とすると宣言。“原点回帰”したいと言い出した。と、突然、繭子が「社長に見てもらいたいものがある」と大声で言い出す。そして、繭子はあるデザインを彼女に見せる…。

国内ドラマ【無料動画】ドラマニア

Tags:

0 Comments

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.