Posted by under 冬ドラマ on 1月 28 2016, 0 comments

今夜は2016年の冬ドラマ「ナオミとカナコ」第三話が放送されますよ!

小田直美(広末涼子)に連れられてチャイナタウンにやってきた服部加奈子(内田有紀)は、そこで服部達郎(佐藤隆太)にうり二つの中国人・林竜輝(佐藤隆太/二役)を見て驚愕する。林は、直美の顧客・李 朱美(高畑淳子)の中国食材輸入会社の従業員だったが、パスポートを持たない不法滞在であることが発覚し、クビになった人物。直美は、そんな林を達郎の替え玉にすることを思いついたのだ。達郎殺害後、達郎のパスポートで林を海外に出国させれば、達郎の死体が見つからない限り、警察は失踪事件として扱うだろう、と直美は言う。さらに、直美から綿密な計画を聞いた加奈子は、揺れ動く。

後日、林は200万円の報酬と引き換えに、達郎になりすまし、日本を出国することを承諾。その頃、達郎に再び暴力を振るわれた加奈子は、達郎殺害を真剣に考えるようになる。
別の日、直美は、金持ちの顧客・斎藤順子(富司純子)を達郎に紹介するため、達郎とともに順子宅を訪ねる。高齢で軽度の認知症を患っている順子は、直美を全面的に信頼していて、直美の勧めで達郎の銀行に口座を開設することになったのだ。新規の顧客獲得を喜ぶ達郎だったが、それこそが、直美の計画の第一歩だった。

一方、加奈子は、林を達郎に仕立てるため、林のアパートを訪ね、左利きの林に右手で達郎のサインをさせる特訓を始めた。直美と加奈子は、達郎殺害を翌週の金曜日と決め、着々と準備に取り掛かる。
その頃、達郎の姉で大手不動産会社に勤める服部陽子(吉田羊)が、葵百貨店外商部に現れる。陽子の会社が建設を進める超高級マンションの監修に、百貨店の顧客である画家の黛を紹介してほしいという。陽子に意見を求められた直美は、自分の考えを的確に話した。陽子は、直美を気に入り…。

国内ドラマ【無料動画】ドラマニア

Tags:

0 Comments

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.