Posted by under 夏ドラマ on 8月 16 2014, 0 comments

今夜は2014年の夏ドラマ「水球ヤンキース」第五話が放送されますよ

練習試合の為、血気盛んに水蘭高校に乗り込んだ稲葉尚弥(中島裕翔)らカス高水球部員たちだったが、相手が藤崎玲(新川優愛)率いる女子水球部だと知って激怒する。ただ一人、三船龍二(山﨑賢人)を除いては・・・。
龍二の言葉に一念発起した部員は改めて水蘭高校女子水球部との練習試合に挑むことになった。第一ピリオドは華麗な連携プレイでリードしたカス高だったが、第二ピリオドは水蘭女子のパス回しに翻弄され、逆転を許す。第三ピリオド、部員たちの体力が奪われ、勝機がないと判断した龍二は、連携プレイを諦めて個人プレイに徹しゴールラッシュ。やはり女子では龍二を止められない。そう思った水蘭のエース・北島虎雄(髙木雄也)は顧問の庄司真冬(倉科カナ)に出場を直訴、ついに尚弥、龍二らカス高水球部が虎雄と相まみえることに。
気合の入る尚弥らだったが、いざ試合が始まると実力の差は歴然・・・。水蘭男子水球部との力の差をまざまざと見せつけられたカス高の水球部員たちはショックを隠せない。おまけに龍二の個人プレイに不満を露わにする千秋亮(間宮祥太朗)と龍二の間では内紛も勃発。そんな最中、龍二は真冬から「水蘭水球部に来てほしい」と告げられる。
水蘭との練習試合後、引きこもりがちだった尚弥は重大発表をするため、居候中の岩崎家に部員たちを招集するが、他の部員は尚弥のことよりも龍二の動向が気になって仕方がない。顧問の青山千春(大政絢)の様子がおかしいことも気になる千秋はいちいち龍二に突っかかり、3バカトリオの木村朋生(千葉雄大)、志村公平(中川大志)、加東慎介(吉沢亮)とも遂にケンカになってしまう。崩壊寸前のカス高水球部。そしてその翌日から、龍二は練習に姿を見せなくなってしまう。

国内ドラマ【無料動画】ドラマニア

Tags:

0 Comments

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment