Posted by under 秋ドラマ on 11月 17 2014, 0 comments

2014年の秋ドラマ「グーグーだって猫である
10月18日よりWOWWOWで土曜22時から放送

吉祥寺に住む小島麻子(宮沢りえ)は、人気連載を持つ少女漫画家。締め切りに追われる多忙な日々の中、長年共に暮らしてきた愛猫のサバが突然息を引き取ってしまう。以来、漫画が描けなくなり、食事ものどを通らなくなる麻子。心配した担当編集者・大森の勧めで一軒家に引越しをしたものの、依然として生活のペースは戻らない。
ある日、井の頭公園を散歩していた麻子は、病気の子猫を連れたホームレスと出会う。彼と何度か顔を合わせるうちに、子猫の病気を治してあげたいと思い始めた麻子は、ホームレスに無断で子猫を病院に連れて行くのだが…。

第1話「その恋にはアプローチしない」
吉祥寺に住む小島麻子(宮沢りえ)は、人気連載を持つ少女漫画家。締め切りに追われる多忙な日々の中、長年共に暮らしてきた愛猫のサバが突然息を引き取ってしまう。以来、漫画が描けなくなり、食事も喉を通らなくなる麻子。
ある日、井の頭公園を散歩していた麻子は、病気の子猫を連れたホームレス(田中泯)と出会う。子猫の病気を治してあげたいと思い始めた麻子は、ホームレスに無断で子猫を病院に連れて行くのだが……。

第2話「占いどおりに生きてみる」
麻子はアシスタントのミナミ(黒木華)に勧められ、占い師のハーメルンこと三宅(岸井ゆきの)を訪ねる。麻子は占いに従い、電車に乗って見知らぬ街へ出る。
干潟を散策中、バードウォッチングをしている立花秀夫(岩松了)・勝久(中岡創一)親子と偶然出会う。
帰り際に見かけたネコの行く先を追うと、そこはその親子が2人でやっている居酒屋だった。
一方、大森(長塚圭史)はなかなか帰らない麻子を心配に思い……。

第3話「会いたい気持ちを試してみる」
麻子のもとに、ファンレターに紛れて1通の手紙が届いた。
中学時代の同級生、石川莉奈(市川実和子)からだった。
手紙を読み進めるにつれ、当時の記憶がよみがえる。
2人は中高一貫の女子高に通っていた。
麻子がいつものようにひとりでパンを食べながらスケッチブックに絵を描いていると、その後ろから人影が近寄ってきた……。
莉奈と麻子の間には、何年経っても忘れられない出来事があったのだ……。

第4話「運命を味方につける」最終回
15年後。子猫から老猫まで、大勢の猫たちと暮らす麻子。グーグーは15歳で心臓の薬を飲み腎不全もある。グーグーとの日々を綴った『グーグーだって猫である』が漫画文化賞に選出され漫画文化賞贈呈式の会場に来た麻子は、すっかり人気漫画家となったミナミと久しぶりの再会も果たす。麻子は、小学生のころに千加子(菊地凛子)と出会った日のことを思い出していた。受賞した麻子は、壇上であることを告白する……。

国内ドラマ【無料動画】ドラマニア

Tags:

0 Comments

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.